« 「思い出の」上田 卒業式 | トップページ | 最後の最後 »

2009年3月25日 (水)

レビュー『ISLAND STORY』高橋あゆむ

久々にあゆむさんの本を読んだ。あゆむさんは私の「本を読む歴史」の入門。高校まで全く本を読む習慣のなかった私に本の楽しさをおしえてくれた。高3の受験終わりに友達からすすめられて読んだ。おもしろかったし、いろいろ学んだ。この人のやることはケタがはずれてるから賛否両論かもわからないけど大事なことをおしえてくれる。いつも読むような本とは全く違う。

今回はあゆむさん達が沖縄で自給自足の村をつくっちゃおうって話。途中たくさんの試練が彼らを襲うが結局何があってもあきらめない彼らだからやり通してしまった。この人からは「超行動力」をおしえてもらう。

現実もそうで、何かを始めようと思ったら困難は絶対ある。100%。でもあきらめなければやり通せる。今でも残ってる高3の時に読んだあゆむ本の一節。『成功するまでやり通せば全ての失敗は経験とよばれる』今回もまさにそんな感じだった。相変わらずめちゃめちゃで、パワフルだった。そんなに年が違うわけじゃない。自分にだって何かできる。そう思えた。

|

« 「思い出の」上田 卒業式 | トップページ | 最後の最後 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115665/28802867

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー『ISLAND STORY』高橋あゆむ:

« 「思い出の」上田 卒業式 | トップページ | 最後の最後 »