« ミソジフェスタ | トップページ | LAST BBQ »

2009年9月12日 (土)

レビュー「原因と結果の法則」 ジェームズ・アレン

驚いたのは、この内容の本を書ける人が1902年にいたんだ、ということ。すごいです。

著者は『この本は私の瞑想と体験のなかから生まれたものです』と言っているけど、すべての読者はそれで納得するだろうか?こんな内容が『瞑想と体験』のみで38歳で達することができるだろうか。一つ考えられることとして、著者はおそらく「釈迦仏法」をかなり学んだと思う。『因果の法則は偶然とかそんなもんじゃなくて、宇宙の法則だ』的なニュアンスでかかれてたり、そもそもタイトルが「因果の法則」にかかってることからも想像される(正しい因果の法則を説き明かしたのは釈迦だ)。また、環境をつくりだすのも自分自身だというまさしく依正不二論もでてきた為にそう感じざるをえない。そう思って読んでたら文中に一瞬釈迦でてきたし、訳者あとがきにも仏陀(釈迦)がでてきた。そういうことなんじゃないかなー。

以下、覚えておきたい点。

『あらゆる人に好意を抱き、あらゆる人と楽しく接し、忍耐をもってあらゆる人のなかに良いものを探しつづけることは天国への王道です。』天国って死んでからの「何か」って意味ではないと思いますが。

『人間は、もし成功をめざすならば、自分の欲望のかなりの部分を犠牲にしなくてはならないのです。』

『人間は、穏やかになればなるほど、より大きな成功、より大きな影響力、より大きな権威を手にできます。なぜならば、人々はつねに、冷静で穏やかにふるまう人間との関わりを好むものであるからです。

感情を高ぶらせることで、美しいものや愛すべきもののすべてをだいなしにしている人が多すぎる。』

繰り返しになりますが、環境は自分の心を映す鏡であり、全ては自分自身によってのみ、開かれる。このことを意識して、(意識し続けるのはほんと難しいんですが、)生きていきたいです。

この本短くてすぐ読める割に内容も良いのでオススメです。

|

« ミソジフェスタ | トップページ | LAST BBQ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115665/31337069

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー「原因と結果の法則」 ジェームズ・アレン:

« ミソジフェスタ | トップページ | LAST BBQ »