« レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 4 | トップページ | レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 6 »

2010年4月19日 (月)

レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 5

▼第5の習慣 理解してから理解される

この習慣についてはかなり勉強になった。今まで自分の考えてきた「人の話を聞く」やり方が間違っていたと感じた。自分がたかだか25、6年間で決めつけていたことより、きっと世界中から支持されていてしかも過去200年の成功体験に裏付けされている論理ならば信じてしまう。

『話をしている時、ほとんどの人は、理解しようとして聞いているのではなく、答えようとして聞いているのだ。』これは目から鱗だったなー。更に図々しくも相手が望んでいるもんだと勘違いしてアドバイスなんてしてた。人から相談されたら自分なりに答えなきゃだめだと思ってた。違うんだ…。
『自分の自叙伝を相手の生活に映しているだけである。例えば「そうだ、そうだ。気持ちはよくわかるよ」とか「私も同じ経験をしたんだよ。それはね…」とか。』
大体同じ経験なんかしたことなんかないから相談された時に「過去に自分に起きた似た事例」を即座に探してた。そんで「自分だったら~するよ、とか~したよ」なんて言ってそれが良い相談の答えだなんて思ってた。

『たいていの場合、人は外からの助言など必要ない。相手は本当に心の中を打ち明けることができさえすれば、自分の問題を自分なりに整理し、その過程で解決策も明確になってくる』そうなのかー。そして相手の話を理解するのに大事なことは『感情移入』だとしている。

人は様々な相違点があるにもかかわらず、一緒に何かを成し遂げようとする(結婚、仕事…)。Win-Winするために相手を理解しようとすることが不可欠である。

では後半部分、こちらのことを理解してもらうには。まず理解し、効果的なプレゼンテーションを行うこと。個人の信頼残高を増やし、感情移入を行ったうえでの自分のアイデア。

大事なのは著者も言うように『第5の習慣は、今すぐ練習できるもの。次に誰かと話すとき、自叙伝を一度棚上げして、誠意をもって相手を理解する努力をしてみるといいだろう』。実践だ。

|

« レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 4 | トップページ | レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 6 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115665/34294337

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 5:

« レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 4 | トップページ | レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 6 »