« レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 5 | トップページ | レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 7 ラスト »

2010年4月23日 (金)

レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 6

『今まで話してきたすべての習慣は、相乗効果の奇跡を作り出す準備にすぎない。相乗効果とは、全体の合計が各部分の和よりも大きくなるということである。』

『相乗効果の本質は、相違点に価値をおき、それを尊重し、強みを伸ばし、弱さを補完することである。』
…自分もこのことがもっと意識できたら人にやさしくできるかなー。
『相乗効果的な協力は、決して非日常的な特別なときだけのものではなく、常日頃から確実に作り出すことができるものである。』
…って言ってるし。

『相違点があってもWin-Winを考えているからこそ、第三案の存在を確信し、探し出すことができる。仏教ではこれを「中道」と呼んでいる。中道は妥協ではない。それは、三角形の頂点のよいに、より高い次元の選択を意味する。』

『二人の人が同じ意見を持っているとすれば、そのうちのひとりは余分である。自分と同意する人といくら話しても、意味はない。違う見方があるからこそ話す価値がある。その相違点を尊ぶのである。』
これは深い…
考え方を変える。
『「よかった。あなたは違う意見を持っている」と。賛成する必要はないが、彼らを肯定することはできる。そして、理解するよう努めることができるのだ。』

応用の提案の中にこんなものがある
『気に障る人をリスト・アップしてみる。あなたが、より高いレベルの内的安定性を持ち、その相違点を尊ぶようにすることによって、彼らの持つ観点が、相乗効果を生み出す原動力になることはないかを考える。』
ちょっと、やってみよう。

|

« レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 5 | トップページ | レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 7 ラスト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115665/34343689

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 6:

« レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 5 | トップページ | レビュー「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー 7 ラスト »